皮下脂肪を落とすには身体の内側から改善していく必要がある

女性

脂肪の種類に応じた方法

女の人

内臓脂肪とは異なる

ダイエット方法は燃焼させたい脂肪の種類によって大きく変わります。食事制限や、運動など同じ方法ですべての脂肪に効果があるわけではありません。用途によってダイエット方法を使い分ける必要があります。皮下脂肪に似た脂肪に内臓脂肪があります。内臓脂肪は、食事制限を行うことで落とすことができます。メタボリックの要因となる内臓脂肪は、内臓に脂肪がついている状態です。内臓脂肪はおなかがすいたときにエネルギーに変換される特徴があります。そのため空腹である時間を長くすることでエネルギー変換量は多くなります。しかし皮下脂肪はエネルギーに代わることはありません。もともとの役割は、体の外側と内側の温度差をやわらげるための保温機能です。

有酸素運動で減少させる

皮下脂肪に直結するのはカロリーです。最低限必要な分を超過するとそのカロリー分は皮下脂肪になってしまいます。カロリー計算をして食事をすることと、適度な運動が皮下脂肪を増やさないための努力事項になります。ついてしまった皮下脂肪を落とすためには燃焼させることが必要になります。一番効果的な落とす方法は有酸素運動です、心拍数を上げることで自然と呼吸が増加し酸素を取り入れることが燃焼につながるのです。特に激しい運動をする必要はありません。軽くても長続きさせられることが大事です。体に負担をかけないようにしていくことも大事です。効率よく皮下脂肪を落とすためには、自分の体力に合った運動を継続させることが大事なのです。